ぷしぷしの珍妙なゲームブログ

ぷしぷしが作成する「ゲーマー図鑑」やゲームの感想等についてまとめていきます。

【感想等】ペルソナ5 ザ・ロイヤル【トロコン済】


始めに

 「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」をトロフィーコンプした筆者が、感想・評価・レビュー等をまとめたいと思います。

 ネタバレは無しです。

 

f:id:pusipusi:20191130205427j:plain

 

 

ゲームについて

発売日:2019年10月31日

機種:プレイステーション4

ジャンル:RPG

販売元:アトラス

開発元:アトラス

 

 本ゲームは、2016年9月15日に発売された「ペルソナ5」に様々な新要素が追加され、改めて「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」という形で発売されたものです。

 過去には「ペルソナ4」も同様に「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」という形で新要素が追加された形で発売されております。

 分かりやすく言うと、実況パワフルプロ野球でいうところの「決定版」のような感じですかね。(一部にしか分からない)

 本ゲームの舞台背景やシステムの詳細については、こちら(PSブログ)をご覧ください。(なげやり)

 

感想

 感想は一言、「最高でした。」

 

 このような感想を持った理由を各項目ごとに説明します。

 

 

ストーリー

 序盤から中盤は、ペルソナ5とそれほど変わり映えのないストーリーですが、終盤からは全く異なる展開が待っています。

 具体的に言うと、新たに「3学期」が追加されます。

 そこには、名探偵「明智吾郎」新キャラ「芳澤かすみ」及び「丸喜拓人」が大きく関わってきます。

 この「3学期」だけでも凄いボリュームなので、ペルソナ5をプレイ済みの方でもプレイする価値があるのではないでしょうか。

 エンディングについても、もちろん新たに用意されております。

f:id:pusipusi:20191130205800j:plain

新たなイベントも追加されている

f:id:pusipusi:20191130205651j:plain

新キャラ「芳澤かすみ」は人気キャラ

f:id:pusipusi:20191130205900j:plain

みんな大好き「どうなのおばさん」も健在


ゲームシステム等

 「ペルソナ5」と同様に、日常パートと怪盗パートを行き来するような形ですが、主に次のような変更点があります。

  • 日常パートにおいては、様々なイベント等が追加されており、人間パラメータやコープも上がりやすく改良されております。
  • 怪盗パートにおいては、新たなアイテム、敵、戦闘システムが追加されており、不評だったと思われる部分は刷新されております。
  • 自動生成ダンジョンメメントス」についても、新たなキャラクターやシステムが追加されており、やりごたえのあるものに進化しております。
  • 「マイパレス」という「ゲーム内外のムービーや設定資料集等の記録、ミニゲーム等のおまけ要素を集めに集めたモード」が新たに追加されています。

 「決定版」と呼ぶ理由は、これらの「痒いところに手が届くような改良や追加要素」にあります。

f:id:pusipusi:20191130211414j:plain

新たに追加されたイベントで、リア充ライフがますます充実

f:id:pusipusi:20191130211012j:plain

新たに追加された「凶魔」を倒すと他の敵に大ダメージを与えられる

f:id:pusipusi:20191130211143j:plain

メメントスにおける新キャラ「ジョゼ」はプレイヤーを助けてくれる癒しキャラ

f:id:pusipusi:20191130211537j:plain

マイパレスでは、設定資料集や画集が自由に見られる


攻略難度

 ゲームの開始時に難易度が選べるので、ストーリーに集中したい場合は、最低難度を選択するべきでしょう。

 トロフィーの取得にも影響はありません。

 ただし、最低難度を選択した場合は、途中から難易度を変更することができなくなるので、注意が必要です。(他の難易度の場合は途中で変更できる。)

 また、よりサクサクとプレイしたい場合は、有料DLCで配信されている伊邪那岐大神・賊神」を導入することをお勧めします。

 一気にヌルゲー化しますので、取り扱いにはご注意ください。

f:id:pusipusi:20191130211320j:plain

最低難度かつ有料DLCを使えば、このおっちゃんも瞬殺

 

トロコン難度

 ペルソナ5に比べると大幅にトロコン難度が下がっており、大抵のものはクリアするまでに集めることができるでしょう。

 取り逃したとしても、セーブデータを少し遡れば取得できるものが大半です。

 

 ただ、注意すべき点が1つあり、これを逃すと大幅にロスすることになります。

 それは、「3学期発生のフラグをしっかりと立てておくこと」です。

 

 3学期を発生させるためには、名探偵明智吾郎」と新キャラ「芳澤かすみ」及び「丸喜拓人」のコープを期日までに、上げられるだけ上げておかないといけません。

 筆者は、途中でこのことに気づき、セーブデータを巻き戻しました。(3時間のロス)

 

ボリューム

 プラチナトロフィーを目指すならそれなりの時間を要します。

 序盤から中盤は、ペルソナ5とほぼ同様なので飛ばしてもよいでしょう。

 うまく収集できれば、クリアと同時に取得できます。

 (ちなみに筆者のプラチナトロフィー取得日時は世界50位以内だったりします)

 

 筆者のクリアタイム:23~25時間程度

 筆者のトロコンタイム:23~25時間程度

 

まとめ

 本ゲームは、ペルソナ5の決定版と言っても過言ではない出来となっております。

 特にペルソナファンは、永久に保存しておくべきゲームでしょう。

f:id:pusipusi:20191130211659j:plain

f:id:pusipusi:20191130211713j:plain

f:id:pusipusi:20191130211728j:plain